フリーダイヤル TEL:0120-701-151

【営業時間】 平日11:00〜19:00 土日祝10:00〜19:00 火曜・水曜定休

Shrine  

想い出結婚式 HOME  >  神社仏閣  >  神前式について





神社での結婚式




神社の基本


神社の施設



神前式の式次第





神前式・仏前式魅力

結婚式は新郎新婦様お二人だけでなく、そのご親族様とのつながりを新たにする大切な儀式です。

神前式、仏前式にはそれぞれ式次第(式の流れ)があり、それぞれには意味があります。


【神前式】

  1. ① 修祓の儀:神職がまずはらいことばを読み上げ、新郎新婦様、ご参列者様の身のけがれを払い清めます。
  2. ② 祝詞奏上(せいしそうじょう):ちかいのことば。新郎新婦様が結婚することを神職が神様にご報告し、おふたりの幸せが末長く続くように祈ります。
  3. ③ 三々九度:新郎新婦様で交互にお神酒を頂き、夫婦の永遠の契りをかわします。
  4. ④ 指輪交換:チャペル式同様神前式でもご希望の方は行うことが可能です。
  5. ⑤ 誓詞奏上:新郎新婦様で夫婦になる誓いのことばを一緒に読み上げます。
  6. ⑥ 玉串奉奠:榊の枝に紙垂(しで)と呼ばれるものをつけたもので、新郎新婦様で一緒に神様にささげ、礼拝します。
  7. ⑦ 親族結盃の儀:参列者全員で盃を交わし、親族の契りを交わします。神社によって式次第は少し違いますが、概ねこの流れで行われます。

【仏前式】

  1. ① 入堂:参列者、新郎新婦、僧侶の順にお堂に入ります。本尊に向かって左が新郎家、右が新婦家に分かれて着座します。
  2. ② 敬白文朗読:僧侶が本尊に向かい、ご結婚式を執り行うご報告を致します。
  3. ③ 念珠授与:僧侶が仏壇に供えた数珠を新郎新婦にひとつずつお渡しになります。
  4. ④ 誓詞朗読、焼香:新郎新婦で誓いの言葉を読み上げ、仏様に夫婦になったことのご報告を致します。
  5. ⑤ 誓盃:新郎新婦より順番に親族皆が受ける。
  6. ⑥ 法話:僧侶の方よりお祝いのお言葉を頂戴します。
  7. ⑦ 退堂:僧侶、新郎新婦、参列者の順に退堂します。

挙式後のお写真撮影も、神前式・仏前式では境内でお写真撮影をすることが出来ます。

お二人の記念写真、ご親族、ご友人を含めたご集合写真や、スナップ写真が撮影できます。また殆どの神社、お寺で映像の撮影も可能です。

お写真だけでなく映像でも独特の落ち着いた厳かな雰囲気の挙式を納めておくことも可能です。

神社、お寺はホテル・ゲストハウスとは違い、挙式を終えられてからもずっと無くなることなくそこにあるので、記念日などで気軽にまた訪れることが出来ることができ、お二人様にとって、またご参列された方々にとっても、思い出の場所となります。

神社は、小さいころからお宮参りや七五三、初詣などで誰にでもなじみのある場所で、そのような場所での挙式はご家族にとっても、とても特別なものとなり、仏閣での挙式では、ご先祖様へご結婚式のご報告をする意味合いが強く、神前式よりも更にご両家の結びつきを感じることができます。

神前式・仏前式では、このように日本の伝統や歴史を感じられるだけではなく、お二人が今まで歩んできた歴史を再確認し、落ち着いた雰囲気の中で挙式を執り行って頂けます。

一見ハードルが高そうなイメージの神前式・仏前式ですが、和婚専門のプランナーがお二人の疑問におこたえ致します。 お気軽にお問合せくださいませ。